トップページへ戻る お買い物のページヘ ご注文方法 お問合せ
Vivas > 南米健康食品 > マカ
キャッツクロー
ガラナ

はじめての方へ
当社の健康食品の安全性
ご利用案内
プライバシーポリシー
通信販売法に基づく表示
サイトマップ

ショッピング
マカ類
キャッツクロー
ガラナ

会社情報
会社案内
お問合せ

マカ Andina Real品質保証書

《マカって何?》

 
 マカは南米ペルーのアンデス地方で生育・栽培されている植物です。茎は5センチほどと短いですが、根から直径60センチ位に葉が広がります。根はふっくらと丸みをおびた形で、白、クリーム色、紫、赤紫、黒などさまざまな色のマカがあります。
 マカはボンボン高原と呼ばれるアンデス山脈の高地、海抜4000〜4500メートルの土地を中心に栽培されています。日中は強い直射日光にさらされますが、高度が高く風が強いため、年間の平均気温は7℃以下です。また、夜は零下10℃まで気温が下がります。マカはこのような厳しい気候条件のもと、亜鉛などのミネラル分を豊富に含んだ限られた土地でのみ栽培されている貴重なアンデスの植物なのです。
 
《マカの歴史》
 
 マカはインカ帝国の時代から現代までペルーの人々に受け継がれてきた植物です。気候条件の厳しい限られた土地でのみ栽培されていたため、インカ帝国の時代には貴族などの特権階級の人だけが食べることの出来る貴重品であったと言われています。
 また、歴史家達の研究によって、スペインによるインカ帝国征服にも影響を与えたということがわかりました。スペインがインカ帝国へ侵攻したした当時、スペイン人が連れてきた馬がアンデスの厳しい環境に慣れることが出来ず、子供を作ることなく死んでいくという問題を抱えていました。
 スペイン人はアンデス山脈の高地に近づくにつれて、非常に体格の良いインカ人が多いことを知り、それがマカによる効果であることを知りました。そして、スペイン人は馬にマカを食べさせた結果、馬が絶滅する危機を防ぐことが出来たのです。
 現在マカは多くの研究者によって研究され、その素晴らしい効果と栄養素を豊富に含んだ食物であることが知られるようになりました。NASA(アメリカ航空宇宙局)の目にとまり、宇宙飛行士の食料として使われているという話は、マカが多くの栄養素を含んだ食べ物であることを証明しているといえるでしょう。日本でも雑誌やテレビなどで取り上げられ、注目を集めている食べ物なのです。
 
《マカの成分について》
 

 マカは炭水化物、たんぱく質、繊維質などから成る植物です。なかでも、たんぱく質の構成要素であるアミノ酸が豊富に含まれ、体内では作られない各種の必須アミノ酸が多量に含まれています。他にも、ビタミン(B1,B2,B6,B12,C,Eなど)、ミネラル(カルシウム、リン、鉄、亜鉛など)などの栄養成分やアルカロイド、アントシアニンといった活性成分も含まれています。


マカのアミノ酸組成

(☆は必須アミノ酸)

アミノ酸
mg.xgr.
Aspartime(アスパラギン酸)
91.70
Glutamine(グルタミン酸)
156.5
Alanine(セリン)
50.40
☆Argine(ヒスチジン)
21.90
Cisteina(グリシン)
63.30
Threonine(トレオニン)
33.10
Glycine(シスチン)
ND
Histidine(アラニン)
63.10
HO-Proline(アルギニン)
99.40
Isoleucine(チロシン)
30.60
☆Leucine(フェニールアラニン)
55.30
☆Lysine(バリン)
79.30
☆Methionine(メチオニン)
28.00
☆Ploline(イソロイシン)
47.40
☆Sarcosine(ロイシン)
91.00
☆Serine(リジン)
54.50
☆Tyrosine(トリプトファン)
ND
Triptofano(プロリン)
0.50
Valine(サルコシン)
0.70

☆マカに豊富に含まれるアミノ酸
 左の表の通りマカには多くのアミノ酸が含まれています。最近、サプリメントしても注目を集めているアミノ酸とは一体どんなものなのでしょう?
アミノ酸はたんぱく質の構成要素、つまり約20種類のアミノ酸が集まってたんぱく質を作っているのです。中でも必須アミノ酸と呼ばれる9種類のアミノ酸は体内で合成することが出来ず、食品から摂らなければなりません。
マカには17種類のアミノ酸が含まれています。

 
《何故マカが若返りの食材なのか》
 

 近年、マカは若返りの食材としてテレビなどで取り上げられています。
若返る為に必要なものは何か?それは成長ホルモンです。成長ホルモンは古い細胞を新しくする作用があり、成長期に最も多く分泌されます。しかし、年を取るとともにその量は減少し、老化の原因となってゆくのです。この成長ホルモンを増やすにはアルギニンを摂取することが必要です。アルギニンはタンパク質を構成しているアミノ酸の一つです。17種類のアミノ酸が含まれているマカには、このアルギニンが豊富に含まれているのです。
 豊富なアルギニンを含んでいるマカを飲むことによって脳から分泌される成長ホルモンが肌の活性化を促し、新しい肌組織を生み出す力を増進させる働きがあるのです。

 
《ダイエット効果もアップ》
   アミノ酸には脂肪燃焼効果があることは良く知られています。具体的には、20種類あるアミノ酸のうち、リジン、プロリン、アラニン、アルギニンの4つのアミノ酸が脂肪を燃焼させる効果を促します。これら4つのアミノ酸は、脂肪を分解するリパーゼの働きを活発にします。
 ウォーキングなどの有酸素運動をすることで脂肪燃焼効果を効率的にします。有酸素運動をしないと分解された脂肪分はもとに戻ってしまいます。
 マカには4つのアミノ酸が豊富に含まれています。空腹時にマカを飲むと、アミノ酸が体内に早く吸収されます。運動する30分前に飲むのが効果的です。また、豚肉・牛乳・納豆などビタミンBが豊富な食材を普段から摂っておくことで、脂肪がより燃焼されやすくなります。
 
《女性特有の悩みにマカ》
 

 女性に特有の悩みに生理痛・生理不順、更年期障害がありますが、これには女性ホルモンが関係しています。女性ホルモンのバランスが崩れると、月経に伴う不快感や周期の乱れ、つまり生理痛・生理不順を引き起こします。また、卵巣から女性ホルモン(主にエストロゲン)の分泌が低下することが更年期障害の原因のひとつと考えられています。

 マカに含まれるカルシウム、鉄、銅などの各種ミネラル・アミノ酸の働きよって、ホルモンバランスを正常にする働きを助けます。
 また、多くの女性が冷え性で悩んでいます。冬だけでなく、夏でも冷房の冷気によって、オフィスなどで悩んでいる女性が多いことと思います。マカに含まれているアルギニンはホルモン分泌の指令を出している脳下垂体を刺激します。 ホルモンバランスが正常になると血液の循環もよくなり、冷え性の改善に繋がるのです。

 
《マカで疲労回復》
   疲労には身体を動かすことによって発生する乳酸によって疲れを感じる筋疲労と頭を使うことによりアンモニアが発生し、疲れを感じる脳疲労があります。バリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニンの4種類のアミノ酸は、疲れの原因となる乳酸の発生を抑える働きがあります。また、アンモニアが発生することによって感じる脳の疲れを軽減する働きもあるのです。マカには、これら4つのアミノ酸を含む17種類のアミノ酸が含まれています。
 

 

当ホームページの文書や画像の無断転載、複写、複製を禁じます。

Copyright (C) 2001 Lider Corporation. All Rights Reserved