トップページへ戻る お買い物のページ ご注文方法 お問合せ
Vivas > 南米食品 > 南米のたべもの > ペルーのたべもの > キヌア
メニュー
南米のたべもの
ペルーのたべもの
アンデス地方原産
ペルーのコーラ
ソル・デル・クスコ
キヌア
パチャマンカ
ブラジルのたべもの

南米の食文化
南米料理のレシピ
お客様の声
会社案内
サイトマップ

ショッピング
インスタント食品
香辛料(ソース&ペースト)
香辛料(粉末)
ドリンク類
豆・穀物類
缶・瓶詰類
ハーブティー、紅茶
その他
≪キヌア≫ Chenopodium Quinoa

キヌアって何? | 豊富な栄養素を含むキヌア

キヌアはこんな人におすすめ | キヌアの食べ方


《キヌア(キノア)って何?

 キヌア(キノア)はほうれん草と同じアガサ科の一年草です。主にペルー南部やボリビア西部のアンデス山脈の3000メートル以上の高地で栽培されています。古代インカ帝国時代よりアンデス地方に住む人々の間で「母なる穀物」と呼ばれて、大切な主食として食べ継がれてきたといわれる食物です。日本のアワ・キビに似ていますが、ミネラル、ビタミン、タンパク質、食物繊維を豊富に含み、同類の穀物のなかでも際立ったその栄養素の高さは、米NASAより「21世紀の地球上生物の主食になる」と発表されるほど注目されています。 欧米では自然食・健康食として特にアレルギー疾患で悩む人達の間で大変注目されています。人間の発育や健康維持に不可欠なアミノ酸がバランスよく構成されており、カロリーが低く、何にでもよく合うニュートラルな味で調理性に優れていることから、手軽な自然健康食として親しめるスーパー穀物です。炊き込みご飯にしたりシチュー、スープなどの煮込み料理、シリアル、パン、チョコレートやプリンなどのデザートと混ぜてもおいしく召し上がれます。


豊富な栄養素を含むキヌア(キノア)

 

 

キヌア
精白米
玄米
精白アワ
食物繊維(g)
9.2
0.3
1.0
0.5
鉄(mg)
5.5
0.5
1.1
2.0
カルシウム(mg)
47.2
6.0
10.1
21.0
タンパク質(g)
14.3
6.8
7.4
10.5
脂肪(g)
5.4
1.3
3.0
2.7
炭水化物(g)
70.0
75.5
71.3
72.4
カロリー(Kcal)
350
356
351
364

※キヌアのデータは「ペルー農林省」より、他の穀物については

「四訂日本食品標準成分表」より

《キヌアに含まれる栄養素の特長》

バランスよく含まれるアミノ酸

 キヌアには上の表の通りタンパク質が豊富に含まれています。また、タンパク質の構成要素であるアミノ酸、中でも体内で作ることの出来ない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

豊富なミネラル成分

 キヌアは他の穀物に比べて鉄分、カルシウム、リン、ナトリウムなどのミネラル成分を豊富に含んでいます。カルシウムは同じ穀物類であるアワの約2倍、玄米の約4倍含まれています。

食物繊維が豊富

 キヌアには便秘やおなかの調子を整えるのに重要な食物繊維を豊富に含んでいます。上の表の通り、玄米が100g中1.0g、精白アワが100g中0.5gに対して、キヌアには9.2gも含まれています。

 

キヌアはこんな人にオススメ
 キヌアはペルーの先住民であるケチュア族に、次のように伝えられています。
子供の成長によい
病後に食べると回復が早い
皮膚の炎症を防ぐ
妊婦の母乳の出を良くする(乳児の免疫性を高める母乳)
貧血によい
便通を良くする

 

キヌアの食べ方
 

ペルーではキヌアを粉にしてビスケットやケーキを作るのに使ったり、スープに入れたり、シリアルとして食べられています。我々が食べるにはお米と一緒に炊き込んで食べるのが、良いでしょう。また、パンやスープに入れたり、コロッケに混ぜてもおいしくお召し上がりいただけます。全くクセがありませんので、基本的にはどんな料理と一緒でもお使いいただけます。

★キヌアを使ったレシピはこちら

キヌア(母なる穀物)
 キヌア(キノア)は南米アンデス地方の”母なる穀物”といわれ、良質のたんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミン、食物繊維を豊富を含んだ、消化にすぐれた自然食品です。

容量:500g

価格:\560(税込\588)

 

当ホームページの文書や画像の無断転載、複写、複製を禁じます。

Copyright (C) 2001 Lider Corporation. All Rights Reserved