トップページへ戻る お買い物のページ ご注文方法 お問合せ
Vivas > 南米食品 > 南米のたべもの > ブラジルのたべもの > ブラジルのフェイジョアーダ
メニュー

南米の食文化
南米料理のレシピ
お客様の声
会社案内
サイトマップ

 

≪ブラジルのフェイジョアーダ≫
 
フェイジョアーダとは?
 フェイジョアーダは、黒豆、豚肉、牛肉、粗挽きソーセージなどを煮込んだブラジルを代表する豆料理です。

フェイジョアーダの歴史
 フェイジョアーダは、アフリカ人がブラジルへ奴隷として連れてこられた17世紀まで遡ります。彼らの雇い主である農場経営者らが捨てていた豚の足、尻尾、耳、臓モツなどを黒豆と一緒にじっくり煮込んで食べたのが始まりと言われています。

フェイジョアーダで家族団らん
 フェイジョアーダは、日曜日の昼などに家族で食べることが多いようです。家族のつながりを大切にするブラジルでは、普段は離れている兄弟やその子供達が、両親の家に集まって、みんなが持ち寄った食材を使って料理します。家族だけでなく、その恋人や友達まで呼ぶので、ちょっとしたパーティーのようです。外にテーブルを並べて、みんなでわいわいがやがや食事をします。
 ブラジルでは、フェイジョアーダをご飯にかけて食べます。また、ファロッファという、マンジョッカ(キャッサバ芋)の粉やコーヴィという野菜をかけて食べると、いっそう味わい深くなります。フェイジョアーダはこってりとした料理なので、食後にオレンジを食べると消化にいいようです。

フェジョン・プレット(黒豆)
内容量:1Kg

価格:\580

フェイジョアーダ(黒豆と豚肉の煮込み) 330g

内容量:330g(約3人分)

価格:\400

フェイジョアーダ(黒豆と豚肉の煮込み) 830g

内容量:830g(約8-10人分)

価格:\850

当ホームページの文書や画像の無断転載、複写、複製を禁じます。

Copyright (C) 2001 Lider Corporation. All Rights Reserved